宅地建物取引業免許は、他の許認可業務と異なり、取得後即営業スタートができません。

ここでは、免許取得後の役所手続を解説しますので、ご確認ください。

最後に、「取引台帳の備付義務」です。

宅地建物取引業者は、事務所ごとに業務に関する帳簿(取引台帳)を備え、所定の事項の記載が必要です。

取引台帳は、即出力できる状態であれば、パソコンなどでデータ管理してもOKです。

但し、念のためにデータのバックアップはきちんと行っておくべきです。

また、取引台帳は、御社の事業年度の末日をもって閉鎖し、閉鎖後は5年間の保存義務があります

お問い合わせ先はこちら!
電話番号:06-4981-7827

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ

Follow me!